新館(富本銭・国学・考古)

第1展示室

第1展示室では資料館のメインの展示品をご覧いただけます。日本最古の貨幣と認定された「富本銭」をはじめ、「山吹藩の国学」、「両面顔面取手」など貴重な出土品や歴史的資料を展示しています。

エントランスホール

エントランスホールには、高森町を代表する増野新切遺跡や瑠璃寺前遺跡から出土した土器等を展示しています。ホールの町民ギャラリーでは期間限定の別展示や、地域産業として受け継がれてきた養蚕に欠かせないカイコの展示も行っています。(カイコの展示は季節によります)

学習室

約80名収容の学習室は、時の駅講座をはじめ様々なイベントが開催されます。普段は開放され、学校帰りの子どもたちなどでにぎわいます。

研修室

約25名収容の研修室は地域の方々の会議や会合に利用いただけます。

考古作業室

発掘された土器や石器などの遺物を整理・管理する部屋です。(普段は公開されていません)

  • 新館を詳しく見る
  • 本館1Fを詳しく見る
  • 本館2Fを詳しく見